都市の夜景

活用される

窓が多いレンガ造りの家

競売をする時には、不動産の競売があります。不動産の競売は、資産や不動産を売ることで金銭のやりとりをするうことができます。競売は、金銭の回収をする一つの手段として活用されています。

Read more

売却の手続き

あかり取りの窓がある家

個人の方が土地を売却するという機会は、一生の中でそれほど多くはないでしょう。土地売却にあたっては、一般の消費財のようにすぐに売れるものではありません。土地売却の為にいろいろな方法があります。

Read more

契約書の注意点

リビングから見たダイニングキッチン

瑕疵担保責任という言葉をご存じでしょうか。瑕疵担保責任とは、ある土地に隠れたる瑕疵(欠陥のこと)が発見された場合に、その責任を誰が負担するのか」ということです。

Read more

専門店を活用

2棟建てマンション

相続不動産売却と専門業者の活用について

現在、日本には空き家が増えています。相続しても、不動産を有効活用できずに放置せざるを得ない人も増えています。ですが、放置は事故や事件の原因になりかねませんし、そういう事態になった時、所有者の責任は免れません。更に、所有している間は固定資産税も払わなければなりません。従って、両親や祖父母が不動産を所有している人は、相続対策を早めに検討した方が良いです。 また、不動産を相続しても、自分や家族が住んだり、賃貸出来れば良いのですが、様々な事情を勘案して売却した方が良いという場合もあります。従って、どの様な選択が良いのかも含め、専門家や業者に相談してみてください。特に相続不動産売却の場合は、素人判断するよりも、査定から売却までを一括して頼める専門業者に相談することをお勧めします。

売却のリスク対策について

相続不動産売却の場合、税金問題が生じます。相続不動産を売却したら、譲渡益があれば税金が課せられます。譲渡益とは、売れた額から不動産取得費と、譲渡費を差し引いた残りの額です。マイナスであれば問題ないですが、プラスになればプラス部分に課税されます。また、不動産を所有していた期間によっても税額に差が出ます。相続不動産売却の税額については税理士に相談することをお勧めします。 尚、相続不動産売却の場合、すぐに売れるかどうかという心配も付きまといます。従って、長期間売れない場合にはどうすれば良いのかという対策も考えておかなければなりません。この様なことも含め、相続不動産売却に伴うリスク対策は、経験豊富な業者に相談し、支援をしてもらうと良いです。

オススメリンク

PAGE TOP