売却の手続き

あかり取りの窓がある家

土地売却のための様々な手続きが必要となってきますので、以下で述べていきます。 自分で土地を買ってくれる買主を探すことができればいいのですが、ほとんどの方は少しでも自分の土地を高く打ってもらうために、仲介業者を利用します。仲介業者は数多くの買い手情報を保有しているため、彼らに依頼することで少しでも土地を高く売ってもらうのです。 ここで、注意しなければならないことがあります。仲介業者といっても、その数は大変多く、どの仲介業者を利用すればいいのかわからないということです。

土地売却にあたっては、1社のみの仲介業者に任せるよりも複数の仲介業者に土地売却を依頼して、仲介業者同士で競争させるほうが、より高く土地を売却することが可能となります。 次に、土地を少しでも高く売るためには、売買契約の締結までに隣接地との境界を書面で確定させておくということです。特に東京都心部においては、境界が事前に確定されているか否かで売買代金が全く異なることがあります。すべて境界が決定している土地のほうが高く売却できることはいうまでもありません。 土地の境界確定作業には、数十万円の費用が発生します。まだ、買主も見つかっていないのに費用を負担することはもったいないと感じるかもしれません。しかし、数十万円のコストを負担しなかったがゆえに、数百万円土地の評価が下がってしまっては本末転倒になってしまいます。したがって、必要経費だと思っていただき、売買契約までに土地の境界は確定させるようにしておきましょう。